ピニトールは多嚢胞卵巣症候群に効果が期待できるの!?

 

「ピニトール」という成分を聞いたことがありますか?ピニトールは多嚢胞性卵巣症候群にいい作用をもたらしてくれると言われています。

 

そこで、なぜピニトールが多嚢胞性卵巣症候群に効果的なのかを詳しく説明していきます。

 

多嚢胞卵巣症候群とは?

 

多嚢胞性卵巣症候群は、polycystic ovarian syndromeを略してPCOSと呼ばれることもあります。排卵障害の一種で若い女性に多いのが特徴です。

 

通常、卵子は卵巣の中で卵胞を成長させて排卵するものですが、多嚢胞性卵巣障害の場合は卵胞の成長が上手くいかずに、排卵ができなくなる、または起こりにくくなっています。

 

その結果、月経不順や無月経となり、妊娠したくてもなかなかできないという状態になってしまうのです。

 

ピニトールって何?

 

ピニトールとは、ビタミンB様物質の中のひとつであり近年ヨーロッパで注目を集めている成分です。

 

ビタミンB様物質の中でも「イノシトール」という成分に分類され、マメ科の植物から抽出された天然由来の物質が「ピニトール」です。血糖値を下げる作用が注目され、糖尿病予防にもいいと言われています。

 

ピニトールが多嚢胞性卵巣症候群にいいと言われている理由は?

 

そんなピニトールは、多嚢胞性卵巣症候群にもいいと言われています。その理由は、上記でも述べた「血糖値を下げる作用」にあります。そもそも、多嚢胞性卵巣症候群の原因と言われているのが「内分泌異常」と「糖代謝異常」です。

 

このうち、糖代謝異常が原因で起こっている多嚢胞性卵巣症候群の場合、ピニトールを摂取することで血糖値を下げることで、効果が期待できるという訳です。また、将来の糖尿病、妊娠糖尿病のリスクなどもピニトール摂取で予防することが期待できます。

 

ピニトールが含まれている植物は?

 

主に植物から抽出されるピニトールですが、大豆、アイスプラウト、ルイボスなどに含まれています。しかし、これらを食べてピニトールを摂取するのは非常に難しいことです。そのため、ピニトールの摂取は、ほとんどがサプリメントからです。海外では、すでに多嚢胞性卵巣症候群のサプリメントとしても広く知られています。

 

最近は、日本でも糖尿病予防、妊活(多嚢胞性卵巣症候群の改善)に効果があるとしても注目を集めているので、妊活中の女性はぜひピニトールのサプリメントを試してみてはいかがでしょうか。食物由来なので安心して摂取できるという点も、注目を集めている理由です。

 

 

ピニトール配合の葉酸サプリはコチラ